【理想の職場が見つかる】ネイリスト求人情報サイトを活用しよう

  1. ホーム
  2. 様々な仕事を行う資格

様々な仕事を行う資格

男の人

仕事内容や必要なスキル

様々な資格の中で、人気のある資格の一つが公認会計士です。公認会計士になるためには、試験に合格する必要があります。難易度は高いですが、年齢や学歴に関係なく受験することができます。試験に合格すれば、2年以上現場で仕事を経験します。その後最終段階として筆記試験を受け、合格すれば公認会計士として働くことができます。主な仕事内容は、様々な企業の監査です。企業の財務書類を調べ、その企業が法律を守り、適切な経営を行っているかということを確認します。また企業の経営についてアドバイスをするコンサルティング業を行うことも、公認会計士の仕事として挙げられます。就職先は監査法人が一般的ですが、現在一般企業での公認会計士の需要が増加しています。その理由は、一般企業での会計実務の重要性が高まっているからです。決算やIFRS(国際財務報告基準)などの会計処理に関わる仕事が高度化しているため、一般企業でも会計のスペシャリストである公認会計士が必要になってきているのです。一般企業で公認会計士として働くために一番重要な必要なスキルは、もちろん会計士としての知識や経験です。場合によっては役員候補として採用され、経営管理の重要な仕事を任されることもあります。このようなケースでは、会計士としてのスキル以外の知識や経験が求められます。例えばM&Aに関わった経験や営業職の経験などです。これらの会計士以外の仕事の経験を、一般企業では活かすことができるのです。